皮下脂肪が多い部位に脂肪溶解注射をする際に気を付けたいこととは?

顔に行う場合には施術後にゆっくり休養を

普通のダイエットでは難しい部分痩せですが、それを実現出来るということで人気となっているのが脂肪溶解注射です。脂肪が多く付いている場合には老けて見られる原因にもなってしまうため、小顔を実現するために行ってみたいと考えている人も中にはいるでしょう。脂肪溶解注射は確かに部分痩せに効果的な方法ですが、顔に施術を行う場合には注意しなければならないこともあります。施術後一週間程度は顔が腫れてしまい、傷みも二週間程度続くことが多いのです。その間はどうしても人に見られたくない状態が続いてしまいます。そのため、顔に施術を行うという場合には腫れが引いて人前に出られるようになるまでゆっくりと休養が取れる期間を確保してから行うことが大切です。

食事量や適度な運動も

体の中でも特に皮下脂肪が気になる箇所と言えばお腹周りです。ダイエットでもなかなか痩せることが難しい場所でもありますが、このお腹周りの脂肪を解消する方法の一つが脂肪溶解注射です。脂肪吸引と違ってメスを使わずに行うことが出来るということもあって人気の施術となっています。しかし、お腹に脂肪溶解注射をする場合には注意しなければならないこともあるのです。それは、あくまでも脂肪の数を減らすのであって全く脂肪が無くなるというわけではないということです。脂肪溶解注射をせっかく行っても食事量や適度な運動に気を使わないとせっかくの効果が台無しになってしまうため、安心しないでスリムな体型を維持するように努力することが大切です。